【小金井市地域安全課へインタビュー①】防災マップここが変わった!

梶野公園Webまつりは、市民目線で『防災と地域交流』について発信することをコンセプトにしています。

小金井市では、今年(令和二年度)8月、四年ぶりに『小金井市防災マップ』が改訂され、

各家庭に新しい防災マップが配布されました。

久しぶりに中身を確認したかたも多いのではないでしょうか。

よく見ると、前回(平成28年度版)のマップとかわっているところがいくつもあります。

また、新型コロナウイルスという、新しい脅威も現れました。


今回、『梶野公園Webまつり』の企画として、いち小金井市市民の目線から、

この防災マップを作った側である【小金井市地域安全課防災消防係】へ

新しい防災マップについてインタビューを行いましたので、ぜひお読みください。

(質問は全部で10問。①~③と続きます。)

内容:令和2年夏に改訂された『小金井市防災マップ』の解説を、

小金井市地域安全課へ伺いました。


質問:梶野公園まつり実行委員会 青木紘子(防災士)

回答:小金井市総務部地域安全課防災消防係 川端のぞみさん



①Q:(青木)

新型コロナウイルス流行下で新たに加わったルールなどはありますか?


 A:(川端さん)

避難とは「難」を「避ける」ことですので、ご自宅が安全であれば、避難場所に行く必要はありません(在宅避難)。避難場所は、コロナ禍において、感染拡大防止のために十分な距離を取るため、収容人数が限られます。そのため、親戚宅や知人宅への避難も検討してください。

なお、避難の際は、日用品に加えてマスク・消毒液・体温計などをできるだけ携帯していただきたいです。


*************************************

②Q:新たに記載があった『自主避難所』ですが、避難所との違いは何ですか?

  具体的にどのような状況で開設することになるのでしょうか?


 A:自主避難所は、小金井市では令和元年台風第19号の際に初めて開設されました。

「避難所」は、基本的に大地震等の際、自宅等の倒壊により住む場所を失った方が、避難生活を送るためのものですが、「自主避難所」は、台風等の際に事前の避難を希望する方のために、一時的に開設するものです。そのため、避難に必要なものは各自で準備していただく必要があります。


************************************

③Q:「ペット同行避難」も、新たに加わった部分ですが、実際にどのように避難場所を分けるのですか?これまでのペット同行の実例はありますか?


 A:風雨をしのげる屋外もしくは屋内を想定しており、避難者のスペースとは別の場所にケージに入れて設置することとなります。

令和元年台風第19号の際も、猫や鳥の避難がありました。



***********************************

小金井市の防災マップはこちらからもダウンロードできます。

小金井市防災マップ

         

令和元年の台風19号で、より身近に避難について考えた方も多いと思います。

インタビューは第二弾へ続きます。

続けてお読みください。↓

【小金井市地域安全課へインタビュー②】防災マップ・ここが変わった!

梶野公園WEBまつり 2020

2011年から『地域交流と防災』をテーマに開催してきた【梶野公園まつり】 今年はWEBでの開催となりました! 新しい生活様式の中での『新しい地域交流と防災』を提案していくお祭りです。