梶野公園について

小金井市内の東側、中央線に隣接し、北側は梶野浄水所、西側は戸建て住宅が隣接しています。

当初は苗圃であったことから、貴重な樹種が多数植わっており、芝生の「原っぱ広場」、北側にはゲートボールなどが楽しめる「多目的広場」もあります。

梶野公園は市で初めての防災機能を有する公園として、防災備蓄倉庫、耐震性貯水槽、手押し井戸、マンホールトイレ、ソーラー照明、かまどベンチ等を備え、市の一時避難場所として指定されています。

梶野公園では花壇ボランティアをはじめ、わんパトの会、遊び場の会、広場の会など園内を隅々まで利用し様々な団体が活動しています。

梶野公園まつり

2011年の公園創立から、『地域交流と防災のお祭り』として、毎年市民主導でお祭りを行っています。

2020年で第十回の予定でしたが、新型コロナウイルス流行の影響で、

本年度は『梶野公園Webまつり』としてオンラインでのお祭りになり、

第十回記念のお祭りは来年2021年に延期となりました。

昨年(2019)の梶野公園まつりの様子